行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

休足日@合肥

今日は久々の休足日。
最後に走るのを休んだのは10月18日の土曜日だから、ちょうど3週間ぶりの休みだ。
我なりに結構よく頑張ったもんだなあ…。

中国新幹線(動車組)で合肥へ。
12:28発と書いてあったのに、なぜか予定時刻より1分早く出発。
P1020538_R.jpg
約1時間後の13:35には合肥駅着。
やはり動車組は早くて快適!
駅には僕の中国自転車旅行に協賛してくれた合肥のIT企業,iFLYTEK社の張さんが
出迎えに来てくれていた。
P1020541_R.jpg
合肥市内。安徽省の省都で300万都市ということもありかなり賑やかな街だ。
三国志の曹操と孫権が戦った「合肥の戦い」の舞台でもあり、包青天の故郷でもある。
P1020548_R.jpg
P1020546_R.jpg

安徽中科大訊飛信息科技有限公司(iFLYTEK)はコンピューターによる音声合成と音声認識の
技術を持つIT企業。特に英語と中国語の音声合成・認識の分野では世界最高水準である。
毎年開催されている英語の音声合成のコンテストでは欧米企業を抑えて3年連続で優勝している。
P1020551_R.jpg
P1020556_R.jpg
iFLYTEK社との縁は中国語.comのチャオベンさんからのご紹介。
今年7月に中国語の通訳ということでたまたま会ったのがiFLYTEKの白副総経理とアシスタントの張さん。
その時に9月から中国を自転車で旅するという話をしたのだが、「協賛しますよ!」と白副総経理が
言ってたのはてっきり冗談だとばかり思っていた。
彼らが帰国した後、メールで連絡が来て本当に協賛してもらえることになった。
iFLYTEKの白さん、張さん、そして二人を紹介して下さったチャオベンさん、
本当に有難うございました!

さてさて、iFLYTEKの音声合成と音声認識という技術だが、
テキストデータさえあれば、英語・中国語をコンピューターで合成した音声で読み上げてくれるのが
音声合成。
カーナビや電話番号案内なんかの音声がそれに当たる。
英語は3年連続で国際コンクールで受賞しているが、中国語の音声合成レベルも
かなり高くて、ネットから適当にテキストデータをコピーして、iFLYTEKの音声合成ソフトに
入れるとかなりネイティブに近い発音で読み上げてくれる。
ボタン一つで、男性、女性、子供、喜怒哀楽も表すことができる。

音声認識は、英語・中国語でマイクに向かって話すとそれを認識して実行してくれる技術。
MP3プレーヤーなどに入ってる曲を探す時、マイクに向かってその曲のタイトルを言えば
すぐにその曲を再生してくれたり、メロディを口ずさむだけで曲名を検索してくれたり、
英語や中国語で話す言葉をそのままテキスト変換化することが出来る技術。

将来、ロボットと話をしたりするにはこの両方の技術がないと不可能だ。

iFLYTEKではいろいろ他にも新しい製品を開発していて、いくつか製品化したものを
見せてくれた。
この製品は銀色のペン状のモノがセンサーになっていて、テキストに入っている目に見えない
データを読み取って、テキストの文字をタッチするだけでその文章を読み上げてくれる。
手元のボタン一つで同じセンテンスを何度も繰り返すことが出来たりと、
語学を教える教師用に開発された製品だそうだ。

P1020563_R.jpg
このぬいぐるみは足のボタンを押すと3~4分程度の子供向けの物語を話して聞かせてくれる。
物語はWEB上からデータをダウンロードしてどんどん更新することができる。
子供に大人気の商品。
P1020567_R.jpg
オフィスは吹き抜けで光溢れるとても開放的な空間。
若い社員がバドミントンをして遊んでいたが、700人いるiFLYTEKの社員のほとんどが20代だそうだ。
P1020559_R.jpg
会社の屋上にはバスケットコートまである。
P1020561_R.jpg
iFLYTEK社を見学し終わった後、張さんが市内を簡単に案内してくれた。
合肥市政府のツインタワーの立派な建物を写真で撮っていたら
黒い乗用車が停まり中からスーツに身を包んだ男性が降りてきた。
「何やってんだ?」
ヤバイ。政府関連の建物の写真はマズかったかな…と思ったら
張さんがやたら親しげに話しをし始めた。
「僕の父だよ。偶然車で通りかかったんだって。父は合肥市の副市長をしてるんだ。」
え?それは全くの初耳だった。
張さん、早く言ってよ!
P1020568_R.jpg
P1020570_R.jpg

夕食はインドネシアの出張からわざわざ一日早く戻って駆けつけてくれた白副総経理、
安徽省政府の偉い人たち、北京のIT会社の社長さん、韓国からたまたま出張で来たIT会社の
社長さん等など、不思議なメンバーでの食事となった。
写真はiFLYTEK白副総経理。
実は僕と同い年。
不惑の二人?
P1020571_R.jpg







旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハンドルが利かない!? 南京-栖霞 | HOME | ENDLESS RAINそして再会 滁州-南京>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。