行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

黄河を越えて済南へ 臨邑-済南

臨邑から済南へと延びる国道104号。
自転車専用道の幅が広く走りやすい。
P1010977_R.jpg
14時。済南境界着。
済南側に入ったとたん突然道幅が狭くなり、その上なぜか突然道脇のゴミが増えてかなり印象悪い。
境界は玄関口みたいな場所なのだから、もう少し気を遣えばいいのに。
P1010980_R.jpg
16時。前方に大きな橋が見えてきた。
済南黄河大橋。
ついに黄河へたどり着いたのだ!
P1010986_R.jpg
ちょうど夕暮れ時。
夕陽を浴びて黄河が茜色に染まっていた。
P1010988_R.jpg
済南大橋を渡ればすぐ済南市内…のはずが、市内へと延びる将軍路は大工事中!
にも関わらず迂回路の表示も案内係も全く無い。
気がつけば工事現場の隙間のダートコースだけが頼みの綱…。
結局この道を通って市内へ入った。
P1010989_R.jpg
18時。ようやく今日の宿泊場所の華能大廈着。
ホテル前では、北京師範大に留学していた時の同学である前田さんが笑顔で出迎えてくれ感激!
前田さんは僕の4つ年上。
今は済南から西に100キロほど離れた場所にある高唐という場所に仕事で駐在している。
元々は僕が前田さんのいる高唐まで行こうと思っていたのだが、
「済南くらいだったら行くの全然かまへんで。」と言ってくれて、会いに来て下さったのだ。
18:45。心連心プログラムの一期生、于くん、韓さんもホテルに来てくれて合流!
一緒に芙蓉街で食事をすることにした。
P1010991_R.jpg
于くんは現在、山東大学日本語課の1年生。
流暢な日本語を話す彼にとって、五十音から勉強する大学での日本語の授業は簡単過ぎるようだ。
韓さんは済南外国語学校の3年生で、今は大学受験が目の前。
毎日朝7時から22時まで学校で勉強しているそうだ。
P1010994_R.jpg
前田さん、于くん、韓さんと一緒に記念撮影。
前田さんは実はこの時、大変なことになっていたのだ…。
あの人込みの芙蓉街でデジカメを掏られてしまったのだ。
中国駐在1年半にして初めての事で大ショックだったはずだけども
「于くん、韓さんを心配させちゃ悪いから」
と最後までみんなの前では平静を装っててくれた前田さん…。
済南で災難に遭わせてしまって、ホント前田さん、すみませんでした!!
P1010995_R.jpg

臨邑-済南78Km。
総走行距離1789Km。






















自転車 | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<蟻地獄! 済南-長清区 | HOME | 天空の色 徳州―臨邑>>

この記事のコメント

韓ちゃんと于くん!
変わらないですね。あ、でも韓ちゃん少し大人っぽくなったかなぁ。
(実はひそかにブログ、チェックしていました^^;)
遠くからですが、応援しています。
体調に気をつけて走ってくださいね!!
2008-10-28 Tue 13:05 | URL | ying [ 編集]
Yingさん

好久不見!
ブログチェックしてくれて謝謝!
于くんも韓さんもちょっと大人っぽくなってましたよ。
NY生活楽しんでますか?
ブログまたチェックしますね!


2008-10-29 Wed 10:35 | URL | TOGA [ 編集]
前田さん、なつかしい~!タイムトリップした気分です。とがちゃんも元気そうでなによりです。パンクに負けず頑張ってね~
2008-10-31 Fri 01:50 | URL | エスパー [ 編集]
エスパーってあのエスパー???
懐かしいね・・・
連絡くださいな☆

マエダトモヒコ
2008-10-31 Fri 11:01 | URL | maeda [ 編集]
エスパー&マエダさん

このサイトを通して老同学が会うのもまた縁ですね。
日本、中国、カナダといる場所は違うけど
(あ、今は僕も中国だった。)
またみんなで一緒に会いたいですねー。
2008-10-31 Fri 19:12 | URL | TOGA [ 編集]
ええ?カメラ盗られた?あああ、全く気にしなかった。
前田さん、すみませんでした。済南で災難だ。
ほんとにごめんなさい。
富樫さんも体に気をつけてね!頑張ってください!
2008-11-01 Sat 13:35 | URL | yuhao [ 編集]
Yuhaoさん

この前は短い間だったけど
会えて嬉しかったです!
次はどこで会えるかな。楽しみにしています!
マエダさんはご近所だからまた済南で会えるかも
しれませんね。
2008-11-02 Sun 00:02 | URL | TOGA [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |