行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

天空の色 徳州―臨邑

自転車に乗った徳州中学の生徒たちの群れに囲まれながら市内を走る。
平日の昼にこんなにたくさんの生徒たちが自転車に乗ってるのはなぜだろう?
P1010938_R.jpg
市内から国道104号へとつながる東風路は道が広くきれいに整備されていて走りやすい。
P1010943_R.jpg
徳州は他の中国の都市に比べると比較的緑地帯が多く河の水質もきれい。河北省では緑色の藻に覆われた河をよく見たが、ここは格段に環境がいい。河川敷で釣りをする人たちがとても楽しそうだった。
P1010940_R.jpg
徳州市郊外では、山東省初のショッピングモールが建設されていた。総建築面積23.8万平米と書いてあるから巨大なモールになるようだ。数年後、完成した後の姿をちょっと見てみたいものだ。
P1010947_R.jpg
P1010944_R.jpg
104号沿いに不思議な建物を発見!
「中国太陽谷」(China Solar Valley)。東京ドームくらいの大きさの半円形のフレームにズラリとソーラーパネルが取り付けられていた。見学してみたかったが時間が足りず断念!
P1010950_R.jpg
この「中国太陽谷」付近の道路の街灯は全てソーラーパネルが付けられていた。
P1010952_R.jpg
陵県の近郊の道沿いには河が流れ緑も多く自転車で走るにはとても気持ちがいい。
P1010955_R.jpg
P1010964_R.jpg

この辺は空が青くてきれいだなあ…とそんな事を考えていた時のこと。
走りながら聞いていたラジオから懐かしい歌声が流れてきた。Sophiaの声だ!
かなり前の曲だが、それは紛れもない台湾の兄妹ユニットJSの「天空的顔色」(天空の色)という曲だった。「時が変わっても空の色を忘れてはいけないよ。」と歌うその曲は、今のこの風景にピッタリだ。去年FM-AsiaのDJ小蘇の紹介でSophiaと知り合って以来、お兄さんのJustin共々仲良くさせてもらっているのだが、まさかこんな田舎道でJSの曲を耳にするとは思わなかった。済南FM88.7!いい曲をセレクトしてくれて有難う!
P1010970_R.jpg
17時、臨邑着。洛北春大酒店に宿泊140元。Net可。
徳州―臨邑67Km。



自転車 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<黄河を越えて済南へ 臨邑-済南 | HOME | 山東省到着! 東光-徳州>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |