行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

瀋陽出発! 遼中へ

2日間の休脚日を終え、瀋陽を出発する朝を迎えた。
とても感激したのが、池袋での壮行会に来てくれたコウさんと、瀋陽大学で日本語を教えている瀬井先生がホテルまで見送りに来てくれたこと。
瀬井先生に関しては、台湾で日本語教師をしていた時の元同僚清水先生の友達ということで、全くの初対面だったのだが、日曜の朝早くにわざわざ見送りに来てくれたのだ。
コウさんからは、瀋陽市内&遼寧省の地図、瀬井先生からは日本から持参したキャンディを餞別にいただいた。
お二人とも、本当に有難うございました!!

P1010139_R.jpg
いざ出発!
P1010141_R.jpg
瀋陽市内を走っていた時に偶然GIANTの直営店を発見!
お店の中には日本ではあまり見ない派手なカラーリングのロードレーサーやマウンテンバイクがずらりと並んでいた。
P1010144_R.jpg
長春から上海まで自転車で旅をしていることを伝えると、無料で自転車をチェックして更に給油までしてくれた。
瀋陽GIANTショップの皆さん、多謝!
P1010143_R.jpg
瀋陽市内では旧奉天時代の建物ではないかと思われる建造物をあちこちで見かけた。

P1010149_R.jpg
瀋陽駅前では今まさに地下鉄工事の真っ最中。クレーンに囲まれた瀋陽駅はとても小さく見えた。
P1010153_R.jpg
古い建造物が残る瀋陽駅前。
P1010151_R.jpg
P1010152_R.jpg
今日は遼中に向かう予定なのだが、道が今ひとつはっきり分からない。
何人かに道を尋ねた結果、たぶん瀋遼路をひたすら真っ直ぐに走ればいいだろうとのことだった。
P1010154_R.jpg
瀋陽市内の自転車専用路はこの「自転車マーク」が目印。
P1010155_R.jpg
瀋遼路をひたすら走っていたところ、いつの間にか「省道102号」という名称に変わっていた。
が、困ったことにこの道は手持ちのどの地図にも記載されていないのだ。
とにかく地元の人たちの言葉を信じて前に進むしかない。
P1010157_R.jpg
途中で完全に干上がった川を見かけた。川幅は50m以上はあるだろうか。
ちょっと不気味な光景だった。
P1010156_R.jpg
瀋陽郊外で度々見かけた「井戸掘ります」の広告。
水不足は深刻な問題だ。
P1010162_R.jpg
どこまでも続く「楊樹」の並木道をひたすら走る。
夕陽が沈み、そして夜が訪れた。
P1010161_R.jpg
P1010167_R.jpg
派手なイルミネーションに彩られた橋で運河を渡るとそこは遼中の街。
P1010169_R.jpg
運河のほとりにある碧水湾賓館が今日の宿泊先。100元の割りにはキレイな宿。
本日の走行距離は78kmだった。
http://blog-imgs-30.fc2.com/b/i/k/bikechina/P1010170_R.jpg" target="_blank">P1010170_R.jpg


自転車 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<強風!!  台安県 | HOME | 東北育才高校>>

この記事のコメント

今回は文章なし? 判じ物みたいですね。
今ごろ、チューンアップした自転車のペタルをエイエイって漕いでるのかな。すべての道は、上海に続く!
2008-09-30 Tue 11:45 | URL | gushi [ 編集]
なりゆきで判じ物になっちゃいましたが、
実は日本語入力できなかったので、
写真だけ先にアップしただけです。

今回は運良くネットカフェでUSBメモリから写真を
アップできましたが、これはかなり奇跡的。

ほとんどの街のネットカフェはUSBは接続
させてくれないので、たぶん今後は携帯を使って
文字だけアップされることが増えるかもしれません。

またホテルでパソコンを直接つなげたら
写真と文章を同時にアップしますね。
2008-09-30 Tue 21:20 | URL | TOGA [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |