行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

再見吉林!ニイハオ遼寧!‏

P1000905_R.jpg

四平のホテルから出発して40分程で吉林省と遼寧省の境界に到着。自転車旅行で初めての境界越えにちょっと感動!
P1000922_R.jpg

遼寧省に入ってからガッカリしたのが道路。吉林省内の国道102号線は高速道路に引けを取らない程に立派で4車線もある上にオレンジ色の服を着た道路清掃員が小まめに道路を掃除してくれていた。
しかし、遼寧省内の102号は2車線のみ。
その上、自転車用道路には砂利やガラス等が散乱したままになっていてとても走りにくい。
P1000919_R.jpg

この路上に砂利をバラ撒いている犯人が砂利を山の様にはみ出させて爆走しているダンプカーだ。
せめて荷台にシートを被せて走ればかなり改善出来るはずなのに何故野放しなのだろう。
ダンプカーとすれ違う度に砂利が跳んで来るので危険この上ない。
P1000891_R.jpg

吉林省内であんなにいっぱいいた道路清掃員もパタリと見かけなくなってしまった。
(写真は吉林のお掃除オバサン)
P1000931_R.jpg

でも狭くて砂利だらけの遼寧102号だが吉林側にはない魅力がある。
それは道の両端に延々と続くプラタナス並木とコスモス&マリーゴールドたち。そのコントラストは青空に映えてとても美しかった。
P1000937_R.jpg
P1000934_R.jpg


1730遼寧省昌図鎮着。今日の走行距離は55Kmだった。

旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<昌図市場→開原→鉄嶺 | HOME | 雨ニモマケズ風ニモマケズ‏>>

この記事のコメント

日本でも地方公共団体によって道路の質が違う、という話を聞いたことがあります。経済の具合や予算の割り振りなどにもよるのでしょうね。

プラタナスですか。もう20年も前になりますが、北京の空港から街中へ通じる道の両わきも、確かプラタナス並木じゃなかったかしら。プラタナス並木に秋桜、マリーゴールド。そういう景色の中で自転車をこぐ時間は、とても贅沢なのかもしれませんね。

ところで、体調は、大丈夫ですか?
2008-09-24 Wed 10:25 | URL | gushi [ 編集]
開原を過ぎた辺りからまた道が広くなって来ました。
国道102号線はなかなか良い道です!

腿やら首やら尻やらあちこち痛みはしますが
今のところ大丈夫です。

明日には瀋陽に着くはずです!
2008-09-24 Wed 22:55 | URL | TOGA [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。