行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アップダウンロード 五河-明光市

今日の移動も約40kmのショートコース。
ちょっと早めの昼食に「牛肉麺」3元を食べる。
手打ちの麺はなかなかコシがあってウマイ。
でもやはり牛肉麺は台湾の方が断然ウマイなー。
P1020480_R.jpg
食堂のオジサンとオバサンが物珍しそうに自転車をいじくっていた。
オバサン!お願いだから蹴らないでね。
P1020477_R.jpg
安さと注文してから3分足らずで出来上がる手軽さからか
食堂はトラックのドライバーたちで賑わっていた。
P1020479_R.jpg
五河から明光市方面に向かう道には堆河大橋という橋が架かっているのだが、現在補修工事中。
通行規制をしているため、大渋滞中だった。
P1020483_R.jpg
渋滞を抜けしばらく行くとアップダウンの道が増え始める。
思えば、長春を出発してから現在に至るまでアップダウンのある道に遭遇したのはほんの数度。
大した坂道ではないのだが、今まで平坦な道を走るのに慣れすぎた体にはちょっとキツイ道のりだ。
安徽省はかなり起伏のある地形をしてるんだなーと身にしみて実感した。
P1020484_R.jpg
14:30明光市の境界着。
ここからあと28km。
まだまだアップダウンが続きそうだ。
P1020485_R.jpg
この辺りは湖や棚田が多い。
春に来たらもっと景色がキレイだろうなあ。
P1020488_R.jpg
P1020489_R.jpg
P1020493_R.jpg
この辺には土石の採掘場が多く、砕石機があちこちでフル稼働していて
真っ白な粉塵を周囲に撒き散らしている。
P1020495_R.jpg
その上、土石や砂利を運ぶダンプカーが次から次へと何台もけたたましいクラクションを鳴らして通り過ぎて行くので
これはかなりのストレスだ。
P1020504_R.jpg
結局明光市内に入るまで40km以上に渡ってアップダウンロードが続いた。
移動距離は短かかったが慣れない坂道には疲れた。

今日の宿泊は藍天賓館。TEL:0550-8109888
ホテルの人曰く明光市では一番いいホテルとのことだったが
その割にはエレベーターもなく、5階の部屋まで階段を昇り降りするのはシンドイ。
トリプル140元、Net可、朝食付き。
P1020496_R.jpg
ホテル5階からの眺め。
P1020498_R.jpg

五河-明光市47km
総走行距離2376km











スポンサーサイト
自転車 | コメント:7 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。