行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

似非ダンサー安徽省へ 睢寧-泗県

今朝の朝食は焼餃子。8個で1元。
NHKのテレビ中国語講座のレギュラーをしていた盧思さんが以前中国語.com音声ブログの中で、「中国では焼餃子は前日たくさん餃子を作り過ぎて余ったものを翌日でも美味しく食べるための知恵。」と言っていたのを思い出した。
これもやっぱりそうなのかなあ。
P1020386_R.jpg
昼食を食べていた時のこと、お店の女の子が突然声をかけてきた。
「あなたダンサー?」
あまりの思いがけない質問に一瞬固まってしまった。
「なんでそう思うの?」
「だってダンスする人みたいじゃない。」
うーむ…。彼女のイメージするダンサーっていったいどんな人なんだろう???
ふと不評に終わったNHKの朝の連続テレビ小説「瞳」を思い出した。
そういえば、KENさんが築地の鰹節屋を手伝ってた時の格好は今の僕みたいな格好してたかもしれない。
とは言え、彼女が「瞳」を見ていたとは到底思えないが…。
ダンスなんて僕が最も苦手とすることの一つなだけに彼女の突飛な連想に笑ってしまった。

食堂は家族5人でやっているようで、小さな弟さんも小まめにお茶をついでくれたり料理を運んだりしてくれた。
P1020388_R.jpg
お兄さんと一緒に記念撮影。
P1020389_R.jpg
食堂を出発する時は家族5人全員が見送ってくれた。
謝謝!再見!
P1020390_R.jpg
江蘇省に入ってからは、道路がかなり小まめに掃除されている。
オレンジ色の服を着た彼ら道路清掃員たちのお陰だ。
P1020395_R.jpg
睢寧から泗県へと向かう途中いくつもの川を見かけた。
霧にかすむ川はちょっと幻想的。
P1020405_R.jpg
昨日いつも顔に巻いていたマフラーを洗ってみたら水が真っ黒になってしまった。
こんなに汚れてしまうものなのか…とショックを受けて、今日から自転車用マスクを付けてみた。
鏡に映った姿を見てみるとちょっとテロリストみたいかも…。アルカイダっぽい??
P1020410_R.jpg
15:40安徽省境界着。
P1020413_R.jpg
安徽省の農村の家々。
P1020416_R.jpg
夕陽が沈んでいく。
P1020423_R.jpg
泗県近郊のある村を通った時、ちょうど下校時間と重なったのだがどの生徒も竹箒を持って帰宅の途についていた。下校途中に道の掃除でもするんだろうか?
P1020427_R.jpg
17:00泗県市内にある文廟大酒店にチェックイン。
文廟大酒店TEL:0557-7099666
P1020432_R.jpg
出来てからまだ1年足らずのホテルで設備も新しくいい部屋だった。
スタンダードのツインルーム通常198元が今月から98元にディスカウントされたとのこと。
Net可、朝食付、自転車持込み可。
P1020430_R.jpg

睢寧-泗県53Km。
総走行距離2290Km。


スポンサーサイト
自転車 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。