行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガラスの道 滕州-微山

昨夜泊まった魯南大酒店は滕州駅の真向かい。
滕州駅前は地下街を建設中で大工事中だった。
P1020266_R.jpg
滕州市内から再び国道104号線に入る。
P1020272_R.jpg
今日の昼食は金源飯店。
金が3つ重なってるこの字を使ったお店が中国には山ほどある。
金隆大酒店、金茂大廈、金金超市…日本人だと余りにダイレクト過ぎて
お店やホテルの名前に使うには気が引けてしまうが、
中国の人たちは好きなものは好き!ストレートな表現を好むようだ。
P1020275_R.jpg
本日の昼食。モヤシとニンニクの芽とお肉の炒め物と「大餅」dabinと呼ばれるナンのような主食。
挟んで食べると美味しい。全部で10元。(約160円)
この辺はお米(ご飯)を頼んでも無いことが多い。
大餅や麺など小麦を使った主食が主流。
P1020276_R.jpg
滕州から微山へと向かう道中、ずっと気になっていたのが道路に2、3m間隔で延々と散らばっている
ガラスのかけら。
もちろん他の都市でもガラスの破片が落ちてることはあったのだが、
こんなに延々と道に破片が落ちてるケースは今まで無かった。
実際、この破片でパンクしてしまって自転車や電動バイクを押しながら
自転車修理店まで持ち込もうとしている人を今日は3回も見かけた。
僕もガラスの破片を踏むまいとずっと下ばかり見て走らなければならず
すっかり首が痛くなってしまった。
P1020281_R.jpg
電動バイク屋、自転車屋および自転車修理屋はパンク続出で大繁盛!
誰かが意図的に破片ばら撒いてるんじゃないかと邪推してしまう…。
P1020317_R.jpg
今晩は微山の朝陽賓館に宿泊。
微山東風東路26号 TEL:0537-8699888
P1020294_R.jpg
ツイン130元、Net可、自転車持込み可。
やけに広い部屋で、自転車で部屋の中を走り回れるくらい広かった。
P1020292_R.jpg

滕州-微山 走行距離38Km。
総走行距離2073Km。










スポンサーサイト
自転車 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。