行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

泰安へ 長清区-泰安

昨晩泊まった天成賓館は先月9月にオープンしたばかりの新しいホテル。
3階建てのこじんまりした宿だが、部屋もきれいだし従業員たちも親切だった。
昨日220号線の改修工事でエライ目にあったので、長清区から上海方面へ南下する場合に
どのルートがいいかを聞いてみると、わざわざ車を運転する友達に相談までしてくれた。
その結果は、「国道104号の方が距離のロスも少ないし泰安さえ越えれば道はほとんど平坦だ。」
とのこと。
念のため、他にもタクシー運転手などに聞いてみたがやはり似たような回答。
結局、長清区から東へ進み国道104号を南下する正攻法ルートで行くことにした。
P1020015_R.jpg
長清区から東西に伸びる大学路には巨大なショッピングセンターが建っていた。
P1020016_R.jpg
気になったのは、その隣に先月オープンしたばかりの新しいショッピングセンター。
テナントが入ってるのは全体の2割にも満たない。
「テナント募集」の巨大な看板のみが目立っていた。
P1020017_R.jpg
中国の地方都市では、テナントのほとんど入っていないショッピングセンターや、
完成はしたものの、そのままオープンできずに周囲に雑草が生えてしまってるような
ビルを度々見かけた。
このような建物がそのまま不良債権問題に繋がるんだよなーと思うと
見ていて不安を感じさせる光景だった。
P1020020_R.jpg
「走るの早いなあ!やっと追いついたよ!」
声の主はさっき天成賓館で会ったオジサンだった。
ホテルのフロントに置き忘れた山東省の地図をスクーターで3kmも追いかけて持ってきてくれたのだ。
ホントにいい人だなあ。
謝謝!!
P1020018_R.jpg
大学路は名前の通り、道の両側に多くの大学が建っている。
(写真は山東中医薬大学。)
P1020021_R.jpg
どの大学もとにかく広い!
(写真は山東師範大学。)
P1020023_R.jpg
再び国道104号線へ。
予想に反して上り坂よりも下り坂の方が多く、今回の旅で最速の時速41キロで坂を下った。
逆方向から北上して来たら、この坂はちょっとキツかったかも。
P1020026_R.jpg
泰山が近いだけに、道の両側に山々が連なっている。
P1020030_R.jpg
国道104号沿いに流れている河は中国では珍しい清流だった。
P1020031_R.jpg
この川がいつまでも清らかな流れでいてほしいものだ。
P1020032_R.jpg
美しい山村の風景が続く。
P1020039_R.jpg
この辺りでは「木魚石」が取れるらしい。
木魚石は体に有益な微量元素やミネラルを含んでいて、
中国ではこの石を煎じて飲んだり、漢方薬としても使われている。
この石でできた容器に水を入れると、石の中の体に有益な成分が溶け出して、
水を活性ミネラルウォーターに変えてくれるのだ。
P1020028_R.jpg
よそ見をして走っていたらガラスの破片を踏んでしまったらしい。
天津以来、この旅2度目のパンク。
P1020044_R.jpg
前輪を外してチューブ交換。
40分ほど時間をロスしてしまった。
P1020046_R.jpg

17時、104号沿いの虹橋賓館にチェックイン。
ちょっと高いが480元を220元にディスカウントしてくれた。
Net可。自転車の部屋の持ち込み可。

長清区-泰安58Km。
総走行距離1881Km。




スポンサーサイト
自転車 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。