行雲流水 -Wander as a cloud-

長春-上海 中国自転車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

強風!!  台安県

窓をゆらす風の音で目が覚めた。
カーテンを開けると、柳の木が風に大きく揺られている。
P1010172_R.jpg
ホテルのすぐ隣の運河のほとりには遊戯施設があり、強風の中で子供たちが遊んでいた。
P1010175_R.jpg
やたら不細工なミッキーマウスとドナルド。
大きな口を開けた竜の頭の上で風に横倒しにされてしまったのは
中国の伝説のヒーロー「火童・ナーザ」。
P1010174_R.jpg
10時半ホテル出発。道路まではみ出した露天売のおばさんたちの間をすり抜けながら走る。
P1010181_R.jpg
強い風が土ぼこりやゴミを巻き上げている。
P1010183_R.jpg
盤錦へと向かいたいのだが、相変わらず地図に道が載っていない。
この道だと教えられた道は省道107号線。

P1010184_R.jpg

「ちょっと待ってよ!待ってって言ってるでしょ!」
女の子の声がして、後ろ振り向くと、さっき盤錦への道を尋ねた女の子だった。
「私の家に行く道と盤錦に行く道は同じ道だから連れてってあげるわよ。」
彼女の名前は劉婷さん。今22歳で、瀋陽市内の大学で企業管理を学んでいるとのことだった。
「もうすぐ国慶節の連休だから瀋陽から実家に戻る途中なの。」
僕が長春から上海まで自転車で旅をしていることを伝えると、とても驚いていた。
「よくそんな遠くまで自転車で行こうなんて思うわね。でも私も自転車に乗るの大好きよ。瀋陽でもよく彼氏と一緒にサイクリングに出かけるの。」


P1010185_R.jpg
向かい風の中、劉さんといろんな話しをしながら10kmほど一緒に走った。
「日本の桜をいつか見てみたいな。ここも夏の風景はとてもきれいなのよ。柳や楊樹の並木道、
そして稲田、全てが緑色一色で素敵なの。今度は夏に走りに来て。」
そう言って、彼女は自分の家へと続く小道へと走り去って行った。
P1010187_R.jpg
稲田は今収穫の時季を向かえ、黄金色に変わっていた。
今もとてもきれいな光景だが、この地が全て緑色に染まる風景を見てみたいと思った。
P1010186_R.jpg
いつの間にかまた省道102号に戻っている。107号はどこに消えたんだろう?
P1010189_R.jpg
ようやく瀋陽市の境界を越え、鞍山市に入る。
紅廟子橋という長い橋を渡らなければならないのだが、遮蔽物が全くないので、
強風がモロに襲いかかって来る。時速8kmほどしかスピードが出ない。
あまりに進まないので、橋の途中からは自転車を押して渡った。
P1010199_R.jpg
収穫されたばかりのトウモロコシが畑のあちこちに集められている。
P1010191_R.jpg
道路には延々とトウモロコシの粒が散乱していた。
省道102号はトウモロコシの道だ。
P1010195_R.jpg
楊樹の並木が風にしなっている。
向かい風に自転車が進まない。シンドイ…。
P1010206_R.jpg
自転車を降りて一休み。
P1010216_R.jpg
長春から一番多く見かけた看板。「ケーブルを切ったら、損失は100万元」
「ケーブルを切ったら、100万元の罰金」という看板もあった。
電気が不足気味の中国でケーブルを切った者は重い罪に問われるようだ。
P1010215_R.jpg

向かい風であまりにも進まないため、今日は台安にステイすることに決めた。
P1010218_R.jpg
宿泊先は師都酒店。120元。
ホテルのおばちゃんたちが自転車で長春から上海まで旅をしている変な日本人見たさに
部屋に押しかけてきた。
「今日の風は大変だったでしょ?!こんな日は走るのは止めて明日にしなさい!」
はい。全くその通りです。今日は早めに休みます。
P1010219_R.jpg

スポンサーサイト
自転車 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。